01 トップ 生誕100周年コンサート トリビュート・アルバム メディア 服部克久HP 01
服部良一経歴
line
明治40年10月1日 
大阪・本庄に、父久吉、母スエの長男として生まれる。  
line
 大正3年4月 7歳 大阪市東平野尋常小学校入学  
line
 11年3月 15歳 同校卒業  
  4月 大阪実践商業学校入学  
line
 12年9月1日 16歳 大阪出雲屋少年音楽隊入隊  
line
 13年3月 17歳 大阪実践商業学校卒業  
line
 14年5月 18歳 出雲屋少年音楽隊、大阪プリンセスバンドと改称
T14年/出雲屋少年音楽隊
line
 15年3月 19歳 大阪フィルハーモニックオーケストラに入団。
オーボエ担当。
line
 昭和2年 20歳 エマヌエル・メッテル氏に師事、リムスキー・コルサコフの和声を習得。
line
5年 23歳 西宮ダンスホールのバンドリーダーとなる。
line
6年
24歳 タイヘイ・レコード専属作曲家となる  
line
 8年8月26日 26歳 上京
人形町ユニオン・ダンス・ホールにてテナー・サックス担当
S8年/上京前に家族との記念写真
line
 9年2月

 4月
27歳 ニットー・レコード東京吹込所の音楽監督となる
都下のダンスホールのバンドマンたちに和声を教える
服部音楽塾「響友会」を開く
line
 10年12月8日 28歳 富澤万里子と結婚
S10年/富澤万里子と結婚

line
 11年2月 29歳 コロムビア・レコードの専属作曲家となる
line
 12年 30歳 ジャズ・コーラス「山寺の和尚さん」を作曲
NHK(BK)国民歌謡「日本よい国」初放送
line
 13年3月

4月
31歳 中支前線慰問団に参加
松竹歌劇団の副指揮者となる
「別れのブルース」「雨のブルース」ヒット
line
 15年 33歳 東宝映画「支那の夜」の音楽を監督。「蘇州夜曲」を主題歌として作曲。
line
 16年 34歳 東宝映画「上海の月」「阿片戦争」の音楽を監督。
主題歌「牡丹の曲」「風は海から」を作曲
NHKより「サキソホーン協奏曲」、シンフォニック・ジャズ「若人の歌」を発表
ラジオ・オペラ「桃太郎」開戦により放送中止。
line
 17年 35歳 「アイレ可愛や」他、東南アジア向けの歌を書く  
line
 18年 36歳 満州映画「私の鶯」のため渡満、新京音楽団とハルピン交響楽団で作品発表会
line
 19年 37歳 中支派遣軍報道部嘱託奏任官佐官待遇として漢口、南京、上海方面に渡る。
上海交響楽団を指揮して「夜来香幻想曲」他を発表
line
 20年 38歳 終戦を上海で迎え、12月帰国
終戦直後
line
 21年 39歳 日劇にてエノケン劇団の「踊る竜宮城」公演
有楽座にて、エノケン、あきれたぼういず、笠置シズ子の初春公演の音楽担当
line
 22年 40歳 日劇にて本邦初演「ジャズ・カルメン」上演
国際劇場にて「東京カルメン」上演

line
 23年 41歳 東宝映画「青い山脈」の音楽監督を担当  
line
 24年 42歳 「セコハン娘」「コペカチータ」「東京ブギウギ」「銀座カンカン娘」
「買物ブギ」「三味線ブギ」を発表
line
 25年年6月 43歳 "ブギ海を渡る"で笠置シズ子等と渡米。11月帰国  
line
 26年 44歳 帰国報告記念ショー「ホノルル、ハリウッド、ニューヨーク」を日劇で発表
大阪アメリカ博覧会のために「アメリカ人の東京見物」を書く
line
 27年 45歳 東宝映画「山の彼方に」「丘は花ざかり」の音楽監督  
line
 29年 47歳 「光の交響楽」をNHKより放送
ラジオミュージカル「新浦島物語」をNHKより放送
 
line
 30年 48歳 ピアノ・コンチェルト「コンチェルト・イン・E♭」を 発表
line
 31年 49歳 交声曲「大阪」を芸術祭参加として放送(朝日放送)
line
 32年 50歳 「凡々座」結成(笠置・深緑・宝・浜口)、京都南座にて新作ミュージカル「美しき嘘」「マダム狂想曲」を公演
line
 33年 51歳 民芸「ポギーとベス」を作曲、公演  
line
 34年 52歳 香港映画「女秘書艶史」の音楽担当  
line
 35年 53歳 銀婚式記念「シルバーコンサート」をサンケイホールにて開催
line
 36年 54歳 香港映画「野瑰玖の恋」他、三本の音楽担当  
line
 37年 55歳 第一回「ニュー・ポップス・コンサート」を日比谷公会堂にて開催
line
 38年 56歳 香港映画、ミュージカル「教如何不想她」の音楽を担当
第二回「ニュー・ポップス・コンサート」を厚生年金ホールにて開催。
「香港組曲」を発表
line
 39年 57歳 第三回「ニュー・ポップス・コンサート」をサンケイホールにて開催
line
 40年 58歳 「五番町夕霧楼」(水上勉作)を小倉康子主演で大阪毎日会館で公演
line
 41年 59歳 香港ショーブラザーズ映画「諜網嬌姪」「香江花月夜」「香江良宵」「青春鼓玉」
の音楽担当
line
 42年 60歳 還暦記念コンサートを渋谷公会堂にて。
創作オペラ「聖者の恋」発表
S42/ 軽井沢にて
line
 43年 61歳 日本著作権協会理事10年、日本作曲家協会理事長10年再選
line
 44年 62歳 ギリシャ・アテネ国際音楽祭の審査員に選ばれる
紫綬褒章を授与される
line
 45年 63歳 服部富子と「あに・いもとの会」を銀座ヤマハホールにて行う
line
 46年 64歳 アテネ国際音楽祭にて「君の名はさくら」が五位入賞
交響詩曲「ぐんま」を群馬県民会館にて発表
line
 47年 65歳 第1回東京音楽祭開催、審査委員長となる
島倉千代子のミュージカル「金色夜叉」を作曲
line
 48年 66歳 島倉千代子と「あじさい旅情」発表のため、長崎へ行く
「ラブ・サウンド・ハットリ・メロディー」(克久編)をコロムビアより発売
「東京ニュー演歌」(12曲)をビクターより発売
line
 49年 67歳 交声曲「大阪カンタータ」を大フィルにて発表  
line
 50年 68歳 「子供のためのピアノ・コンチェルト」を発表
line
 51年 69歳 第1回「クリスマス・ショー」をグランド・パレスにて開催
「渋川市歌」「自治大学校歌」等を発表
line
 52年 70歳 「大阪市民音頭」を発表
作曲生活50周年と古稀を祝う会を東京、大阪にて開催
line
 53年7月25日 71歳 古賀政男逝去、葬儀副委員長となる
日本音楽作曲家協会会長に就任
勲三等を叙勲される
 
line
 54年 72歳 交響詩「マウント富士」を発表
「富士」を作曲するために富士登山
line
 55年 73歳 日本音楽著作権協会会長に就任
line
平成4年
10月20日
12月
84歳


大阪城ホールにて「服部良一音楽祭'92」開催
東京・アートスフィアにて、服部家三代を描いたミュージカル「服部家の人々」が公演される

line
平成5年1月30日 85歳 永眠。享年85歳
国民栄誉賞を受ける。
 
line
(参考「服部良一の音楽王国」より)
プロフィール

| ▲ PAGE TOP |

Copyright (C) 2007 TMC. All Rights Reserved.